2014年3月29日土曜日

買うべきか、買わざるべきか

来月から消費税率が改定される。それと機を一にしてバスの運賃、定期代も変わる。今回は、増税分の転化以外の値下げもあって、ややこしいらしい。

というわけで、思考実験。

(1) 3月31日から使用を開始する、最大期間の定期を買ってみる。
定期の最大期間は6か月。バスの乗車区間は、今の運賃で行きが200円、帰りが180円の区間だ。200円区間の6か月の定期代は、48,600円だ。

(2) プリペイドICカードですごす。
行きは200円、帰りは180円なので、1日あたり380円ずつかかる計算になる。6か月定期の場合、3月31日から6か月なので9月30日が使用期限になるだろう。5月の連休も、8月の連休も含まれている。さあ、どっちが割安かな?

まず、カレンダー通りで出勤日を数えよう。
3月は31日の1日だけ。4月が土日8日間と月末の2日間が休みで合計10日休み。したがって出勤は20日。まあ、カレンダーを見て数えるだけなので結果だけ書くと、5月は18日、6月は20日、7月は22日、8月は18日、9月は20日が出勤日らしい。単純に合計すると、119日の出勤日がある計算になる。

これで1日あたり380円だから、45,220円となる。往復200円で1日400円でも47,600円だから定期券より安い計算になる。

プリペイドICカードはプレミア率が見直されて、5,000円のチャージで5,700円使えるようになるから、6か月で40,000円チャージすれば45,600円乗車可能だ。

(3) 結論、定期は買わない。
1日で何往復もするとか、休日もせっせと使うとかでなければ定期代は不要とわかった。

なんだ、今と変わらずじゃないか。あーあ、考えて頭使っただけ損しちゃったじゃないか。プンスカ!


・・・と思ってよく考えたら、380円は値上がり前の値段だった。今度は、それぞれ210円と190円になるはず。だから1日あたり400円で計算するのが正しいから、47,600円が必要な費用か。・・・やっぱり安いか。

うん、まあ、結論は変わらない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

過去 1 週間のページビュー