2020年11月8日日曜日

タッチタイプ

 高校生から大学生になりたての頃、まだブラインドタッチと言っていた気がする。パソコンではなくて、マイコンの方が通りがよかった時代。妙な言葉狩りなどなくて、良い時代であった。

さて、タッチタイプである。適当にできている気はする。これだけ日本語を打っているが、ほとんどキーボードは見ていない。それで、ちゃんと入力できているということは、我流でタッチタイプモドキにはなっているのであろう。

で、ちょっと別の方向に話が行くのだけれども、世の中にはローマ字入力専用のキーボード配列を考えている人がいて、それはそれなりに良いのではないかと思えるものであるのだ。個人的に気に入っているのは、けいならべ。(これはv2らしいが)

しかし、キー配列変更ソフトを使うことまでは想定していないので、ローマ字の変更でできる範囲でと考えると、上記のけいならべをMS-IMEの設定だけで実現する方法が参考になる。

そして、それを実現するために探し出したキーボードが、これだ!Koolertron Single-Handed Programmable Mechanical Keyboard。大きなキーが4個と、普通のキーが40個。一応、普通のWindowsで使う前提で、キーを割り当てたら、まあまあ行けそうだった。アルファベットが全部で26個。「や」「ゆ」「よ」「ん」で3個。日本語の記号用で「、」「。」「ー」「・」「「」「」」の6個。ここまでの合計が35個。スペース、バックスペース、エスケープにエンターキーと文節長の変更、文節の移動で使う左カーソルと右カーソルにシフト。特殊キーが以上で7個。これで、42個。あと、定義をシフトするためのキーがいくつか必要なため、カーソルなんかの編集用のキーはシフト面に回して、さあできた。

(・・・しかしまだキーボードを設定していない。いろいろ面倒で・・・)

そんなこんなしてるうちに在宅勤務が長くなり、外付けのキーボードを用意した。最終的に気に入って使っているのが上海問屋の日本語73キー コンパクトメカニカルキーボードの前のバージョン。微妙に欲しいキーがないのだけれども、まあ、コンパクトさのトレードオフとして我慢している。(HomeとEndが独立キーで欲しいんだが)

で、メカニカルキーのキーボードを使っているうちに、タッチタイプできたら格好いいなあとか思って、でも今更タッチタイプの練習もちょっとなと感じたので、なんとエルゴノミックキーボードと呼ばれるものに手を出してしまったのだ!それが、Keyboardio Atreusだ。ここで元に戻るのだが、いけそうならこれをけいならべモドキ配列に変更してしまおう、と考えていたわけである。

しかし、である。打てないのである。キーボードを見ても、ちゃんと指がキーに当たらないのである。なんてことだ。オレの手はqwertyのフルキーボードに調教されてしまったのか!(そうらしい)

でね、KickstarterのAtreusのプロモーション動画を見ていて衝撃を受けたわけです。ネイティブの人が、エルゴノミックキーボードをブラインドで打っているのだけれども、なんと、指がめちゃくちゃ。こんなんで、エルゴノミックキーボードの必要があるんかい、と。

2020年10月27日火曜日

骨伝導ヘッドセット

相変わらず続く在宅勤務。web会議もそれなりの頻度であるわけで、自宅リビングでスピーカから音を流すのもちょっと憚られる今日この頃。ヘッドセットとしては、早いうちに、PC 8.2 USBを入手していたが、どうにもヘッドセット然とした感じが常用するのをためらわせていた。

そこで、骨伝導ヘッドセットである。骨伝導はまともな製品を買わないと、耳至近のスピーカー状態になって意味がないと聞いていたのでちょっと購入をためらっていたもの。それが最近、AfterShokzのOpenCommを見て、これは一度買ってみて確認したい、と思わせるものがあった。レビューが、そろっていいのだ、このAfterShokzの製品は。OpenCommはまだファンディング中なので、骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッター付きを買ってみた。apt-Xに対応しているというのが、これを選んだ理由。しかし、この名前はなんとかならなかったのか。

で、これがよいのである。耳の隣にスピーカーがある感じ。音漏れ上等な状態ならがっかりだが、音量をちゃんとすれば、50cmほど離れれば全く聞こえない。それくらいには、なっている。うん、AfterShokz恐るべしである。

今日の結論。AfterShokzはよいぞ。エロ動画の音量にも気を使わなくてOKだ。

2020年7月27日月曜日

テレワーク70%

いやー、出ました「テレワーク70%」。出社割合を三割くらいに調整しろってことですね。週休二日で週五日出社なんで、二週間で三日出勤のサイクルですね。

・・・これって、5月の時に似てますね。出社割合を五割以下、三割程度にしろって言われて、二週間に三日出社にしたんでしたっけ。

おー、実績あるじゃん。

今日言われても、会社が休みなので指示が出るわけもなく、週明けに業界に要請されて、週末に会社方針が示される、でしょうか。

あ、でも、うちの会社は次の週は夏休みなんでした。

はっはー。

2020年7月1日水曜日

マイナポイント

さて、7月になった。マイキーIDに決済手段を紐付けなければならぬ。もっとも、それで還元を受けられるのは9月以降の取引って、えらい先やなあ。

それはさておき、決済手段である。どうやら、本人名義のものでなければならないらしい。わたしは、よい。いくらでも決済手段を持っている。

問題は、母である。マイナポイントの還元対象の決済手段が見当たらない。だいたい、年寄りにクレジットカードは持たせていないし、プリペイドの類も最小限にとどめている。いまさら、QRコード決済とか、電子マネーとか、母名義のものを作るのは、違うと思っている。と、なると、母の5000円はあきらめねばならぬか。・・・いや、母のではなくて、母でももらうことが可能であったはずの5000円であるか。

マイナンバーの普及促進を目的にしているのであれば、すでにマイナンバーカードを持っている母にも還元して欲しいのであるが。なんとか、ならんかな。

2020年6月29日月曜日

大阪の大学

今巷では、大阪市立大学と大阪府立大学が合併してできる大阪公立大学の英語の名称が話題になっている。曰く、University of Osakaと。

これに反応したのが、国立大学法人の大阪大学。こっちの正式な英語名称は、Osaka Universityだが、膨大なエビデンスをつけて、University of Osakaも大阪大学として認識されていると主張している。

ハム大側主張は、静岡や、高知や、長崎の例とか混乱は見られないから大丈夫、とやってしまったが、これは、あれですね。旧帝大の国際的知名度を甘く見たハム大側の大チョンボと思います。

ハム大には阪大OB/OGの先生方もたくさんいらっしゃると思うのですが、皆さんどう思っていらっしゃるのでしょうか。

落としどころはともかく、誰か仲介してくれないと、行くところまで行くしかない、かな。(最後は、訴訟になる)

2020年6月23日火曜日

リンク切れ

浜木綿の花の写真とか、SPAMの本家本元の写真とか、リンクが切れているのを発見した。最近じゃなくて、もうかなり以前からリンクは切れていた模様。気が付いた人は、おしえてくれよう、って、誰も、とはいわないが、ほとんど見ている人がいないので仕方あるまい。

リンクを確認すると、今は亡き「pixelpipe」経由のリンクだった。ということは、そのリンク先は私もわからない。

とはいえ、写真であれば、自分で撮った写真だろうから、google photoでも探せば出てくる気がする。

暇なときにでも探そうと、思う。・・・思うだけですけど。

接触確認アプリ

政府謹製、といっても作ったのはどこぞの民間ソフトハウス?だと思うけど、さっそくバグだとか。登録番号が適当でも受け付けられてしまうと。

・・・それ、試験してませんよね?そんな、仕様の最初にも書いてありそうなことが、仕様と異なる動作をするとなれば、答えは一つ。

試験をやっていない、これに尽きる。

ソフト開発費が中間搾取で削りに削られ、試験なしで発注されたか!

(そんなバカなことがあるわけがない)

最近、あちこちで見かける試験やってないソフト。元商業プログラマとしては、「ふざけるな」といいたい。とても複雑な処理で、ロジカルなバグを作りこむのは多少仕方がない面もあるが、こんな、ヒューマンインタフェースレベルで動作を誤るなんて、間違いなく試験不足、というか、試験してない。

はあ、ひょっとして最近のプログラマはこの程度のレベルまで落ちてしまったのか。

そんなことはないと信じたいのだが。

過去 1 週間のページビュー