2020年10月27日火曜日

骨伝導ヘッドセット

相変わらず続く在宅勤務。web会議もそれなりの頻度であるわけで、自宅リビングでスピーカから音を流すのもちょっと憚られる今日この頃。ヘッドセットとしては、早いうちに、PC 8.2 USBを入手していたが、どうにもヘッドセット然とした感じが常用するのをためらわせていた。

そこで、骨伝導ヘッドセットである。骨伝導はまともな製品を買わないと、耳至近のスピーカー状態になって意味がないと聞いていたのでちょっと購入をためらっていたもの。それが最近、AfterShokzのOpenCommを見て、これは一度買ってみて確認したい、と思わせるものがあった。レビューが、そろっていいのだ、このAfterShokzの製品は。OpenCommはまだファンディング中なので、骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッター付きを買ってみた。apt-Xに対応しているというのが、これを選んだ理由。しかし、この名前はなんとかならなかったのか。

で、これがよいのである。耳の隣にスピーカーがある感じ。音漏れ上等な状態ならがっかりだが、音量をちゃんとすれば、50cmほど離れれば全く聞こえない。それくらいには、なっている。うん、AfterShokz恐るべしである。

今日の結論。AfterShokzはよいぞ。エロ動画の音量にも気を使わなくてOKだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

過去 1 週間のページビュー